男女

夢を叶えたいならネイリスト求人で探そう!

文字から伝わる人柄

履歴書

用紙の選び方が大切

履歴書は、スーパーや文房具店などで簡単に手に入りますが、よく見るとフォーマットが違います。履歴書は、どれもフォーマットが同じだと考えている人が意外と多いですが、よく確認してから購入します。正社員でもアルバイトでも、空白が目立つ履歴書ではあまりいい印象を与えません。そのため、自分が書きやすい項目が多く、空欄にする部分がないフォーマットの履歴書を選びます。転職が多い場合は、職歴の欄が多いものを選び、書けるほど特別な趣味がない場合は、自由記入スペースが広いものを選んで、自己ピーアールをしたり、補足したい点を記入します。書きやすいフォーマットの履歴書を選ぶことで、自分のセールスポイントをしっかりと記入することができるので、有利になります。

手書きであることの意味

履歴書は基本的に手書きなので、誤字や脱字に注意して、丁寧に記入していきます。応募者の文字を見るだけでもどういう性格なのかが、採用担当者には分かります。そのため、書いている内容がどんなによくても、字が汚いだけで不採用になることもあります。履歴書は、手書きであるということに大きな意味を持っているので、時間をかけて記入していきます。履歴書は、写真も重要なポイントになります。特に転職の場合は、第一印象も大切なので、スピード写真ではなく、お金をかけて写真館でプロに撮影してもらったものを、履歴書に貼ります。差がないように感じますが、やはりプロに撮影してもらったものは、表情が良く、好印象を持たれる写真になります。