男女

夢を叶えたいならネイリスト求人で探そう!

書類から伝わる性格

ウーマン

逆の立場になって考える

職務経歴書は、履歴書だけでは分からない応募者の能力や、性格を知るために企業側が利用する書類です。中途入社だと即戦力が求められるため、経験を積んでいて、能力が高い人物を必要とするからです。効率良く採用する社員を決めるために、職務経歴書の提出を求める、という面もありますが、応募する側にとっても、面接前に自分をアピールするチャンスになります。職務経歴書は、自分でフォーマットを考えながら作成していきます。自分のことをただアピールすることに夢中になると、ダラダラと長い文章になってしまい、読んでもらえない場合もあります。自分が採用担当者だったらどういう印象を持つか、ということを考えながら、見やすく、きちんと伝わるフォーマットを考えます。

見た目も意識して作成する

職務経歴書の作成は難しく感じますが、何種類か作成していくと、自分にとって最適なフォーマットを見つけることができます。そして記入した内容を、自分で何度も添削することによって、納得できる職務経歴書になります。採用担当者は職務経歴書の内容で、応募者の詳しい経歴だけを知ろうとしているのではなく、性格も見ます。簡潔で、要点が分かりやすい内容にまとまっている職務経歴書であれば、まじめで相手の立場になって行動できる人物だと判断してもらえます。職務経歴書も、第一印象が大切です。枚数が多かったり、読む気持ちが失せるフォーマットでは、自分の良さがうまく伝わりません。履歴書よりも職務経歴書の方に、先に関心がいくような見た目を目指して作成します。